アトピーでも留学できるよ!

この記事では、アトピーに悩んでいるけど留学や海外旅行もしたい!という方が、少しでも快適に、海外で長期滞在できるコツをまとめました。

筆者も、アトピー性皮膚炎と脱毛症のダブルパンチでしたが、一年間のオランダ留学を無事に終えることができました。この記事では、その経験を存分に共有したいと思います。

絶対にあきらめなくて大丈夫です!

筆者も行く前はとんでもなく不安でしたが、一年間無事にオランダで生き延びましたので!

まず、留学中に気を付けたいポイントをまとめました。

水、食べ物、睡眠、運動の主に四つです。

*私はお医者さんではないので、薬関係のお話は出来ませんので、それ以外のポイントを参考にしてください。また、ここにあることは個人の体験ですので、盲信するのではなく、ご自分の身体をよく観察して対策を立てることをお勧めします。

各項目のポイントを一言でまとめるとこんな感じ↓

  • 水(硬水を軟水に変えよう!)
  • 食べ物(栄養バランスが大事だよ!)
  • 睡眠(快適な睡眠環境を整えよう!)
  • 運動(適度に汗を!激しくなくても大丈夫。)

各項目を詳しく…

水は軟水と硬水に分類することができます。ミネラルの含有量によって程度が変わり、はっきり二分されるのではなく、グラデーションで表すことができます。

日本の水は軟水です。世界の中でも、とても柔らかい水です。ですが、ヨーロッパやアメリカなど日本以外は硬水の地域が多いです。

アトピーの方にとって硬水は敵です。ミネラル分を多く含んでいるため、シャワーの度に、髪はきしみ、肌はとても乾燥します。(アトピー以外の人でもこうなるので、我々はさらに注意が必要ですね。)

困りましたね。あなたが行きたい国も硬水の地域でしょうか?

でも大丈夫!硬水がないなら軟水に変えてしまえばいいじゃない!(アントワネット風)

そうです変えてしまえばいいのです!でも、どうやって?

それは、ずばり、シャワーヘッドを使いましょう!

筆者はイオナックという商品を使っておりました。こちらすごく効果があって、硬水といわれるオランダでのシャワーの後でも、肌の違いを感じませんでした!みなさんもぜひ検索してみてください。(URLを乗せていいかわからなかったので、皆さま各自お調べください笑) 

食べ物

たんぱく質や、ビタミンミネラルなど、バランスが大事です。筆者が個人的に、体に合ったのは、炭水化物少なめ、たんぱく質やビタミンミネラルは多めという食事です。肌や髪などを作る材料が不足しないようにしました。五大栄養素ごとに、私が主に食べていて、留学先でも手に入りやすいものをまとめると↓

  • タンパク質 ゆで卵・サーモン
  • 炭水化物 オートミール・ジャスミンライス・たまに日本米
  • ビタミン フルーツ・野菜
  • ミネラル 亜鉛のサプリメント
  • 脂質 アマニオイルや魚類の油・ナッツ

一つの食材にたくさんの種類の栄養が入っているので、調べてうまく組み合わせていました!ご自分の体にはどんな栄養素がたりないのかを調べてから行くといいと思います。

私の体には、肉より魚の方が合いました。でも、オランダのスーパーで買える種類がとても少なくて、ほぼサーモンしか売っていなかったです。それでも、無いよりましですね!

また、街の市場に行けばその他のお魚が買えたので、皆さんもご自分の留学先のお魚事情を調べておくといいかもです!

睡眠

これはとても大切です!寝ている間の成長ホルモンは、肌の再生を助けてくれます。

私が心掛けていたことは、

  • 寝る前90分前にシャワーを浴びる。(90分後が程よく眠くなるので入眠しやすい。)
  • なるべく寝る前にスマホを見ない。
  • 耳栓をする。(小さな音でも気になってしまうので、必須でした。)

私は、音や光などに敏感な方なので、なるべくそれらを排除して眠りやすくする工夫をしました。

運動

一日一回は必ず、心拍数が上がって少し息も上がるくらいの運動をしましょう。激しすぎなくて大丈夫!

例えば、Youtubeで20分くらいのエクササイズをする、その場で100回ジャンプ、音楽に合わせて踊ってみる。など、なんでもいいです!

少し息の上がるくらいの運動で、血液循環を良くすることで、体の隅々まで栄養が周り、肌の再生も効果的に行われます。

最後に

こんな感じです。基本的な事だけですよね!

すごくざっくりなので、もっと詳しく知りたい!という方は、このブログのお問い合わせから、ご連絡いただければもっと詳しくお伝えしますので、お気軽に!

質問だけでなく、留学やアトピーなどの悩みなども、もちろん大歓迎です♡

とにかく筆者は、どんな方にも留学をあきらめてほしくないので、この記事を書きました。少しでも、お役に立てば幸いです。読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました